HOME > インストラクター紹介 > 柳田英理

インストラクター紹介 : 柳田英理

柳田英理

Class

WILDKIDS

水曜日19:30~21:00

Career

日本体育大学卒業
中、高教員免許取得
ソフトテニス歴18年
JAZZ Dance歴8年

バックダンサー

HYLive tour
KRG Live

MV出演

マツケン、絢香
Little Glee Monster

出演作品

舞台『ザンビ』
ミュージカル『HARUTO』

振付アシスタント

ハロプロ、KRG、DISH//
声優『かと*ふく』

Message

ダンスを楽しむことはもちろんですが!
ダンスという共通のツールを通してダンスだけでなく人間づくり、心の成長に繋げてもらいたいです。

もし、ダンスをやめてしまったとしてもこの先、それぞれが進んだ色んな環境で生かされるような経験をしてもらいたいです。
その為に、自分と向き合い、自分を知り、自分のやりたい事、やるべき事はなんなのか考えられる人になってもらいたいです。

そして、今いる自分の環境があることは応援してくださる人がいるからこそ、ダンスができていることを忘れずにそこに集まる仲間を大切にできる人になってもらいたいです。

History

小さい頃から身体を動かすことが大好きで、小学2年生の頃からソフトテニスと新体操を始めました!
その頃から、私は踊ることが好きだ!って気づいていましたが私が住んでいたのはソフトテニスが盛んな地域。
大会で成績が出るようになり、ソフトテニスに集中するため、新体操はやめました。

しかし、夢はdancerだったので大学までソフトテニスを頑張ってその後、ダンスを始めようと決め、中学から最終的には社会人3年目までの18年間ソフトテニスに打ち込みました。

高校ではインターハイ5位、国体2位が主な成績です。
大学では必ず日本一になりたいと日本体育大学に進みましたがインカレ団体2位、全日本インドア個人3位という成績。

日本一には届きませんでしたが、ソフトテニスを続けてきたことで練習の大切さや本番で力を発揮するための努力など、沢山の事を学ぶことができました。
その経験がなければ今の自分はないとはっきり言えます。

また、家族のサポート、出会った指導者、応援してくださる人に恵まれすぎていたことも間違いありません。

そして、大学を卒業しソフトテニスを引退してから始めたダンス。
こんな厳しい世界と知っていたら挑戦すらしなかったかもしれません。

『やる気があればできる』という気持ちと根拠のない自信でダンスを始めました。
決して、思い描いていたペースで、私のダンサー人生を進むことはできていませんが、今こうして大好きなダンスを、仕事でも、趣味でも続けられているこの環境に感謝しています。

最近では舞台やミュージカルに出演させて頂いたことで視野が広がり新たな目標や、なりたい自分になれるように、もっと努力しないといけないと思っています。

これからも、限界を決めずに、やりたいことに進んで挑戦できる人でいたいと思いますし、それを応援できる人でいたいです。切にできる人になってもらいたいです。

Gallery

準備中です